2005年06月01日

BSC(3):能力と学習の視点、具体例

さて、それでは今日から BSC の 4つの視点について、それぞれの KPI と位置づけられる具体的な例を考えて行きましょう。まず最初は「能力と学習」の視点です。

既に述べた通り、能力と学習の視点とは「従業員の業務遂行能力」という視点のことです。例えば国際線のパイロットであれば、ジャンボジェットの操縦スキルはもちろん、英会話能力、危険回避能力、応急手当て力などが必要になります。

一般的に、業務遂行能力は座学と実務演習、自己啓発で向上させることができます。これらを能力と学習の視点における KPI と設定することがわかりやすいです。

つまり、
 (1)社内外の研修を受けた人回数(人数×回数)
 (2)実際の仕事を通して身に付けたスキル
 (3)自己啓発により身に付けたスキル

この 3つを指標として管理しましょう。
(それぞれについて、複数の指標を設ける場合が多いです。)

もちろん、前提としては「業務を遂行する上で必要なスキル」をあらかじめ定義しておかなければなりません。むしろ KPI の設定よりもこちらを大事に、時間をかけた方が良いでしょう。社内外の研修を受けるのは良いのですが、それが本当に自組織のビジネス分野に合っているのか、競争力強化につながるのか、しっかり考えておくべきですね。

また、(1)は受講回数なので把握することが簡単です。それに比べ(2)や(3)は評価が難しいものです。スキルの向上を何らかの試験で得点化するか、本人とマネージャーとの対談や仕事の中でレベルを把握しなければなりません。何度も述べていますが、KPI は数値化して達成レベルを計ることが必要です。

例えば、国際線のパイロットの場合は以下のように考えられます。
(1)入社後3ヶ月間は全員、ボーイング777機のシミュレータで1ヶ月に50時間の操縦演習を経験すること → 実際の経験時間で評価する
(2)入社後4ヶ月目から半年は全員、副操縦士として1ヶ月に30時間のフライトを経験すること → 実務経験の時間と、操縦士からの評価レベルで評価する
(3)今年度中に 9割のパイロットが TOEIC 900点以上を取る → 会社としては特に研修を行わないが、個人の自己啓発による評価を TOEIC という形で行う

業種が異なれば必要なスキルも異なります。ビジネス展開の領域によってもスキルは異なります。まずは自社のビジネスに必要なスキルを定義し、それから KPI を設定しましょう。あとは BSC の視点に沿った評価を、半年や一年に一度確実に行い、改善していくことです。

次回は内部プロセスの視点について述べたいと思います。

posted by jhirano at 15:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスの掟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。