2005年06月04日

BSC(6):財務の視点、具体例

長かった BSC の説明も今日で最後です。今日は「財務」の視点について、KPI と位置づけられる具体的な例を考えてみましょう。

財務の視点もそれほど難しくありません。
簡単に言うと、(1)売上高・利益と(2)資産・資本と(3)現金の3点セットです。
これらは決算資料にも記載されるのでわかり易いですよね。

例えば、決算短信に記載されるのは以下の項目です。

(1)売上高・利益関連項目
 ○売上高
 ○営業利益
 ○経常利益
 ○当期純利益

(2)資産・資本関連項目
 ○総資産
 ○株主資本(自己資本)

(3)現金関連項目
 ○営業キャッシュフロー
 ○投資キャッシュフロー
 ○財務キャッシュフロー

これらを BSC の財務の視点における KPI とすれば良いわけです。

最近ではこれらの数値から算出される ROA,ROE といった数値が KPI に使われます。ROA とは、当期純利益/総資産 のことで、ROE とは、当期純利益/株主資本 で算出される値です。

今回紹介した数値は、どんな企業でも基本的に算出すべき値です。
一定期間ごとにこれらの値を算出することは、ビジネスの基本中の基本です。

また、キャッシュフローについては別の機会に紹介したいと思います。
posted by jhirano at 16:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスの掟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。