2005年06月13日

GNPとGDP

国民全体の所得や生み出した価値を考えるときに、2つの概念があります。
一つは「国民」という概念で、もう一つは「国内」という概念です。
それぞれの代表的な指標として、GNPとGDPがあります。

<GNP:Gross National Product>

国内に所在・居住する企業・団体・個人が受け取った所得の総額で、国民総生産と言います。言い換えると、ある国の国民が一定期間内に生み出した付加価値の総額のことです。

付加価値とは、企業などが生産活動で生み出した生産物からその原料などを差し引いたものです。
 付加価値=総生産額−中間財投入額

外国企業が日本で得た所得はGNPの対象外であり、日本企業が外国で得た所得は対象となります。また、最近では所得という視点からGNI(Income)と言われることもあります。

<GDP:Gross Domestic Product>

日本国内における生産活動全体の総額で、国内総生産と言います。
 GDP=GNP−海外から受け取る要素所得+海外へ支払う要素所得
    =GNP−海外からの純要素所得
と表されます。

外国企業が日本で行った生産活動はGDPの対象であり、日本企業が外国で行った生産活動は対象外となります。

GDP統計は、国民経済計算と言われる、国全体としての経済取引を全体的に記録する統計指標の一つです。国民経済計算は、経済のフローとストック、モノとカネの面から経済活動を多面的、包括的に表したものです。

フローとは、一定期間内に行われた生産や取引の量を測ったもので、ストックとは、ある一時点に存在している資産や負債の残高のことです。企業で言うと、フロー=損益計算書(P/L)、ストック=貸借対照表(B/S)と考えるとわかりやすいですね。


企業経営において、これらの基本的な経済指標を把握することは、ビジネスの意思決定上の基本となります。(ちなみに、2003年度の日本の名目GDPは約500兆円です。覚えておきましょう。)
posted by jhirano at 22:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学(マクロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。