2005年06月17日

IS-LM分析

今日はマクロ経済における中心的な分析手法であるIS-LM分析を説明します。
これは正直、非常に難しく、複雑な式などが存在するのですが、ここでは簡潔に説明したいと思います。詳しく知りたい方は専門書などを読んでください。

IS-LM分析とは、国民所得(国民全体が得る所得の総額)の均衡した状態を分析する手法です。ケインズ(別途説明)理論の内容を図示しようと考案されたものです。政府による財政政策の基本になると言われている手法です。

<IS曲線>

IはInvestment(投資)、SはSaving(貯蓄)のことで、投資と貯蓄の関係を表す曲線です。分析の目的から、縦軸を利子率、横軸を国民所得として曲線を描きます。

利子率(銀行に預けた場合の利子率を考えてください)が上がると、個人や企業は投資をせずに貯蓄を行います。企業が貯蓄を行うと、社員への給与は減ります。また、新規投資が減ることで雇用や仕事が減り、結果的に社員(国民)の所得も減ります。

つまり、利子率が上がると国民所得は減り、利子率が下がると国民所得が増えます。これを表したのがIS曲線です。難しく言うと「財市場の均衡を達成する国民所得と利子率の組み合わせを関数で表したもの」となります。一番下に図示しましたが、一般的には右下がりの曲線になります。財市場の均衡とは、モノやサービスの需要と供給が一致する状態のことを言います。

<LM曲線>

LはLiquidity Preference(流動性選好)、MはMoney Supply(貨幣供給)のことで、貨幣の供給量とその保有嗜好との関係を表す曲線です。流動性選好とは、貨幣をそのまま(現金)で保有したがる度合いのことです。

実際には貨幣の供給量というのは、貨幣の需要に応じて調整されるものです。そこで貨幣の需要について考えることにします。貨幣の需要とは現金で持ちたがる機運のことを言います。

IS曲線と同様に、利子率と国民所得のグラフで考えます。まず利子率が上がると現金を銀行などに預けたり、債券を保有したがるようになります。現金を手放すので貨幣需要は減ります。一方、所得が上がると貨幣需要も増えますが、市場や国による調整が入り利子率が上がります。利子率が上がると貨幣需要が減って、均衡が保たれるというわけです。

つまり、国民所得が上がると利子率が上がることを示しています。LM曲線はIS曲線の「財市場の均衡」に対して、「貨幣市場の均衡」を表す曲線となっています。貨幣市場の均衡とは、貨幣(現金)の需給が一致する状態のことを言います。この曲線は、一般的には右上がりの曲線になります。

<IS-LM分析>

下図のように、IS曲線とLM曲線の交点を分析します。この交点(E)は財市場と貨幣市場の同時均衡点を表します。つまり、モノやサービスの流通と、貨幣の流通がバランスよく均衡が取れている状態、ということです。

IS-LM分析.JPG
図:IS-LM分析のイメージ

均衡点(E)の時に、完全雇用(失業率ゼロ)の状態であれば、市場が極めて均衡な状態と言えます。実際にはそんなことはなく、その状態を作り出そうとするのが政府の財政政策(政府支出)であったり金融政策であったりします。政府支出はIS曲線を上に押し上げ、金融政策(貨幣供給量の増加)はLM曲線を下に押し下げる効果があります。

このようにして国民所得と利子率を同時に決定するのがIS-LM分析です。


本日はマクロ経済学の肝とも言うべき、IS-LM分析について説明しました。
非常に難しいですが、こういった大局的視点で経済を眺めることも必要ですね。
posted by jhirano at 22:17| ☔| Comment(8) | TrackBack(5) | 経済学(マクロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。