2005年05月30日

KPI (Key Performance Indicator : 主要業績指標)

ビジネスの活動を評価・検証する指標として、KPI という呼び方があります。
ビジネス活動の最終的な評価である、財務指標に結びつく(Key となる)ような活動・行動(Performance)の指標(Indicator)という意味です。

KPI は主要業績指標や、重点業績評価指標などと訳されるだけで、具体的な指標は定義していません。当然、各企業やビジネス組織によって KPI は自由に設定することが出来ます。

例えば、契約の成約率や1件あたりの受注高なども KPI に出来ますし、顧客への訪問回数というのも設定できます。要は、設定した KPI が売上や利益といった、目標とする財務指標に結びつけば良いのです。(財務指標自体もビジネス組織の最終的な KPI ですが。)

BSC (バランス・スコアカード)を利用して業績評価する場合も、PDCAサイクルで評価をマネジメントする場合も、KPI という指標を最初に設定しておかなければなりません。

KPI はもちろん私生活でも使えます。「1ヶ月以内に 2kg 痩せる」というのは立派な KPI ですね。ビジネスでも同様に、いつまでに・いくつを、という数値で目標を立てます。これは評価を曖昧にしないためには必須ですね。

曖昧ではなく、KPI という数値目標を使う。これもビジネスの掟の一つです。
posted by jhirano at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネスの掟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4017286

この記事へのトラックバック

バランス・スコアカード 入門の入門!(その2)
Excerpt:  前回は、バランス・スコアカード(BSC)における「多面的に企業の業績を評価する
Weblog: 本物のビジネス・プロフェッショナルを目指す!
Tracked: 2005-10-22 14:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。